0565-43-3688

愛知県豊田市浄水町伊保原173-1

院長ブログ

コロナ渦で頭痛が治る?

2020年11月2日

たかが頭痛 されど頭痛。日本頭痛学会が今月開かれます。

 

といっても、コロナウイルス感染予防のため、会場に参加できるのは、座長・演者の先生やスタッフの方々のほか、選ばれたごく少数の方だけで、ほとんどの頭痛学会会員は、webでの参加しか許されません。

 

これは、どの学会でも一緒ですね。

 

毎年、この学会は木曜から土曜の夕方までの日程で行われるので、私はほとんど参加できませんでした。

でも何とか少しでも参加しないと、せっかく取得した頭痛専門医、剥奪されちゃうんですよね。

 

出席できても土曜日の午後のみ。

 

会場に着いて参加費払って、登録して、会場に入ったらすぐ終わってしまう、何の勉強にもならずにお金はらっただけ、ってことが毎年つづいていました。

 

だから、今年はたとえwebでも生の講演を聞けるので、ある意味ではラッキーです。

 

今年は、講演聴いて、勉強しなきゃ(;^_^A。

 

コロナ渦でも、いいことってあるんですよね。

 

あのGo to トラベルもそうですし、何事もいいほうにとらえなきゃいけませんな。

 

 

私の外来に来ている頭痛患者さんですが、やはりコロナ渦で恩恵をうけた人もいます。

数年前から当院に通院していただいてる、男性サラリーマンですが、当初は毎日のように頭痛に悩まされて来院されていました。

 

痛み止めばかり服用していては、薬物乱用性頭痛になってしまいます。

 

それでも、毎日鈍痛があるので、筋緊張性頭痛と考えて、筋弛緩剤をいろいろ試し、なんとか乗り切っていましたが、頭痛のために会社に行けず、しょっちゅう診断書を書いてもらって、休んでいました。

 

もともと頭痛って、精神的ストレスが左右する事が多いようですから、いろいろ話を伺うと・・

 

どうも会社で上司と話すのが苦手らしく、登校拒否ならぬ出勤拒否みたいな感じになりつつあったようです。

 

サラリーマンですから、行くのもストレス、行かないのも会社や同僚に悪い、うしろめたい、その板挟みだったんでしょう。

 

これじゃ、頭も痛くなりますよね。

 

その患者さん、ときどき当院に来て、辛い顔して、私に愚痴を言っては筋弛緩剤もらって帰っていく、そのたびに診断書を書いてもらって、、

 

ところが、その方、今年の3月ころから来院する回数が月1-2回に減り、外来に来ても毎日ニコニコしているんですよね。

 

どうやら、自宅待機で、Webでの仕事の毎日なんだそうです。

 

直接上司と顔を突き合わさなくていいし、出勤しちゃいけないよっていうんだから、会社にうしろめたさもないし、堂々と自宅でリラックスしていられるわけですから、この患者さんにとっては願ったりかなったりです。

 

なるほど、やはりこの方の頭痛の原因は、ストレスだけだったんですね。

 

今では筋弛緩剤も頭痛薬もほとんど服用せず、でも当院には来ると安心するのか、持病の高血圧の薬だけ処方されて、ルンルンで帰宅していきます。

 

他にも同じような頭痛患者さん、いっぱいいるんじゃないでしょうか。

 

災い転じて福となる、人生山あり谷ありですね。

今年の冬も、きっと良いことある!

一緒にのりきりましょう。