0565-43-3688

愛知県豊田市浄水町伊保原173-1

院長ブログ

苦境を乗り切る

2020年4月12日

世の中、コロナウイルスの話題ばかりで、イベント自粛に外出制限と、つらい日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

感染が一番の問題ですから、自宅での待機は仕方ないですが、一方でストレスもたまるし、運動不足になりがちです。

これだけ毎日毎日報道されると、自分は大丈夫なのか不安になる方も居て、当たり前ですよね。

いわゆるコロナ鬱になっても仕方ないと思います。

 

当院では、発熱も咳もないのに、息苦しいとか胸に違和感があるとかで、来院される方がたくさんいらっしゃいます。

やはり心配なんですよね。

そういう時は、胸の音を聞くなど診察してから、「残念ながら、当院ではウイルス検査ができないのですが、きっと大丈夫だから、自宅で療養して」とお話します。

 

診察時間内は、電話での相談も受け付けています。

 

発熱や咳、痰などの症状がつづいている方が当院にいらっしゃったら、ご自分の車の中で待機してもらい、私自身が防護服とマスク・フェイスガードをして、車のところに診察に参ります。

そしてこれはウイルス感染の可能性がある、と判断したら、保健所に連絡をお願いしています。

幸い当院では、車で来られる方が多いので、このような対応ができるのですが、都会の診療所は特別な診察室を設けなくてはいけないので大変ですね。本当に悩ましいところです。

 

お年寄りにとっては、デイサービスや集会も制限されて、人との会話がなくなり、運動不足となり、認知症がすすんでしまう方もいらっしゃるかと思います。

天気の良い日は、ぜひ外に出て、マスクして散歩をしてもらいたいものです。

 

皆さん、いつかはワクチンもできてウイルスは制圧されるのです。

 

終息したあと、どんな楽しい生活が待っているか、想像してみてください。

 

旅行に行きますか? 

ジムでエクササイズ? 

おいしいもの食べに行きますか? 

コンサートやディズニーランド? 

それとも、ショッピングでお気に入りのファッションを手にいれますか?

 

僕だったら、スタッフや友人たちと乾杯して、お気に入りのお酒に酔いしれますな。

ラグビー観戦も、ベイスターズ観戦もしたいし。

久しぶりに京都でお寺参りもいいなぁ。

 

皆さんは、終息したら何します?