0565-43-3688

愛知県豊田市浄水町伊保原173-1

院長ブログ

久しぶりに発作が・・

2018年3月12日
わたくし、今年に入ってから、フィットネスジムを始めました。

過去に二回くらいジムの会員になって、運動を始めたのですが、いずれも1年ほどでやめてしまいました。

会員になった当初はちょっと頑張って週3-4回くらいは行くのですが、だんだん減って週2回・週一回・月一回・・・終了って感じで、やめてしまっていたのですね。

病院勤務時代は、手術があったり、当直があったり、不規則な生活をしていたので、だんだん面倒くさくなってしまったのですね、言い訳がましいですが。


今回は、一日少しづつだけでも、運動を続けようと、自宅近くのジムを見つけて二月から始めました。

予定のない日は、21時に仕事から帰ってきて、着替えて21時半からジム終了の22時半までやろうと、おぼろげながら心に決めました。

まず、小走りでトレッドミルをすること20分、機械の表示では約2km歩いたことになり、そこから機械をつかって腕の運動や、腹筋背筋運動などに励んで、時にはストレッチポールで肩や腰を伸ばしたりして、合計40分50分だけのトレーニングです。

終わったらすぐ帰って入浴して、食事して寝ての生活をつづけましたら、意外と続くもんですねぇ。

今のところまだ一ヶ月そこそこですが、週に3回か4回は通い続けています。まだ、目に見えて痩せてませんが・・


先週の土曜日、やはりフィットネスジムに行ってから、時間に余裕がありましたので、いつもより長い時間、運動を頑張りました。

すると翌日の日曜日は、朝から左足首がなんとなく痛かったのです。
あぁ、きっと筋肉痛が出たんだろう、昨日運動やりすぎたんだなと感じました。

初めて、足首を器械のバーに当てて、アゲサゲする運動をやったからそう思ったのです。(レッグエクステンションとか、レッグカールって名前だったと思います)


日曜日はおとなしくしていたのですが、なんとその次の月曜日は朝から激しい左足首の痛みで目がさめました(+o+)

痛みであるくこともできず、片足だちできないからズボンも履けず・・仕方なくベットに寝込んでなんとかズボン履いて、シップしてなんとかなんとか出勤しました。

痛み止めをのんで、午前診察に望んだのですが、だんだん痛みが増してきて、お昼ころにはいてもたってもいられず、おちついて話もできない、診察どころではなくなってきたのです。


なんとか診察終了して、そーっと左足首をみると、なんと真っ赤にパンパンに腫れてたではありませんか!

筋肉痛と思っていたのは実は、ここ2-3年お目にかかっていなかった、痛風発作だったのです(^_^;)

お決まりの発作とめの薬をのんで、痛み止めものんで、なるべく動かないようにして、午後からの往診も、そーーっと行ってきました。


あっ、忘れてた!水曜日は医師会の飲み会だった、どうしよう。

この会は最近5年間に、医師会に入会したばかりで開業したての先生たちをお迎えして、医師会長や理事、病院の院長先生たちが迎える方の立場で、皆さんあつまっての交流会なのです。

私は、迎えられる側と迎える側の二足のわらじを履いていますので、是非参加して親交を深めるのを楽しみにしていたのです。

しかし、痛風では、烏龍茶でおとなしくお食事でもしているしかありません、とあきらめていました。


ところが、水曜日の当日朝、なんと痛みは全快していたのです。

通勤での歩きもスイスイです。階段も走って登っちゃいました!!



ということで、かくして交流会は最初からビールを、ジャンジャンいただいてしまいました。

周りの先生から注がれると、嫌とはいえませんからね!


その会の中盤にさしかかると、皆さんひとりひとり自己紹介がはじまりました。

皆さん、自分のクリニックの特徴や自慢を話したり、理事や会長先生たちは医師会についての真面目な話をしていました。

しかし、私は今更自分の紹介をしてもしかたない、真面目な話もつまらないと思い、酔いも手伝って、自己紹介さておき、土曜日から今までの、痛風発作の経緯についてのみ、上記のとおりお話しました。

偉い先生たちにも、結構うけましたね、
あぁ、場がもりあがってよかった!


でもその日は、いつもの飲み仲間は参加していませんでしたので、理性を失わず、痛風再発に怯えつつ、まともに自宅に帰ったのでした。