0565-43-3688

愛知県豊田市浄水町伊保原173-1

院長ブログ

医師会の班会で

2017年7月12日
暑い日が続いてますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、医師会の班会がありまして、救急担当理事を拝命しております私も参加してきました。

班会って、医師会員のほとんどの方が出席しまして、理事がみなさんの前で、昨年の活動報告や今後の活動予定などを発表するのですが、なにせ理事初心者の私は慣れないので、どうしたらいいのかよくわからなかったのです。

結局、先輩である副理事長の I 先生や、医師会事務局の事務長から、これを話しなさいと渡された資料を読み上げることになりました。

その日は13時から本会議が始まったのですが、私が、午前の診療がおわって、医師会館の会場に到着したのは、12時55分前でした。いつものとおり、ギリギリセーフ(^_^;)

会場にはいると、すでにほぼ全員の会員の先生方が集まっていて、私でほぼ最後でした。

それなのに、のこのこ会場に入って、一番前に用意された席につくと、大勢の先生がたを前にして、にわかに緊張し、背中から顔から汗が流れるのを感じたのでした。


会が始まる前に、すでに皆さんは、出された弁当を食べ終えていました。

緊張していると、お腹はすかないはずですが、私の席にも置いてあった弁当を見たとたん、急にお腹がすいてきて、さっそくパクついたのです。

そうしたら、緊張がすっとほぐれてきました。


まもなく、医師会長先生のご挨拶が始まり、会が開かれたのですが、私は皆さんの前で、場違いにもムシャムシャ食べていました。

さぞ、みっともなかったでしょうが、空腹には勝てなかったのです。


さて、会は進行し、次々と担当理事の先生のご発表が続いたのですが、私の発表は最後のほうなので、しばらくは余裕をもって聞いていました。

どうせ原稿を読むだけだろうし、はりつめた雰囲気だからくだけた話しをするわけでもないし、余計なこと話さずに、原稿読んでぱっと終わらせようと思っていました。


そして、始まってから1時間半ほどして、とうとう私の番が回ってきました。

他の理事の先生方のご挨拶の言葉を猿真似して、最初に、「救急担当の楠瀬です。日頃は救急医療活動にご理解をいただき、大変ありがとうございます。」と始めたまではよかったのです。

読んでいくうちに、口癖の「え〜」とか「あ〜」とかが多くなり、これはいかんと感じ始めました。

最後に「消防法令違反対象物の公表制度について」の報告に移ったときでした。

この文章は予め熟読していなかったので、アドリブはいれず、そのまま文章どおり読み上げることにしました。

なるべく棒読みにならないように、さぞなんでも知っているかのように読み上げていきました。

途中までスムーズに読んでいたのですが、最後ほうに「増築・改築する場合、建物同士を廊下や庇等で接続する場合は・・」という文章にさしかかったときでした。

「たてものどうしをろうかや・・・」とそのあと間があいてしまったのです。

うーんなんて読むんだろう・・と思った挙句、うっ!、読めないと思った直後、「やねなどでせつぞくするばあいは・・」と、咄嗟にごまかしたのでした。

あとで冷静に考えると、「庇」は「ひさし」と読むんでしたね。

まあ、間違ってたけど意味は遠からず、何とか乗り切ったのでした。

皆さんにはこの原稿は渡ってなかったので、バレずに結果オーライです。


アドリブはいれないつもりだったのに、結局気がついたらアドリブがはいっていたのです。

それにしても、この国語力のなさは、持ち前の度胸と、ごまかしのテクニックで乗り切ったのでした(^_^;)


無事終わってやれやれ、、なのでした。