内科・脳神経外科・頭痛外来なら豊田市のむつおクリニックへ

0565-43-3688

愛知県豊田市浄水町伊保原173-1

脳神経外科

脳神経外科について

脳・神経・脊髄の病気を診察します

脳神経外科が治療するのは、脳、脊髄、神経に関する病気です。手軽に受診するところではないとお考えの方も多いのですが、決して特別な診療科ではありません。

脳卒中(脳梗塞/くも膜下出血/脳出血)や外傷性脳損傷、脳腫瘍といった脳疾患、頚椎/腰椎ヘルニアなどの脊髄疾患、物忘れやめまいといった神経疾患を治療する診療科で、下記のような症状がある方は、受診されることをおすすめします。

当院ではMRIやCTなどの最新設備も導入し、脳神経外科専門医による適切な診断・治療を行っております。風邪に似た症状でも、薬が効かない、症状が悪化するといった場合、脳神経系の病気も疑われます。適切な処置が行われないまま見過してしまうことがないよう、お気軽にご相談ください。

こんな時はご相談ください
  • 突然の激しい頭痛
  • 吐き気、めまいを伴った頭痛
  • 鎮痛剤が効かない頭痛
  • ろれつが回らない
  • 首の付け根やうなじ、目の奥に痛みがある
  • 頭を打ったあと時間が経過してからの頭痛
  • 手足の痺れ、麻痺、ふるえ

頭痛

頭痛は多くの人が経験する症状です。
ただ、その頭痛に脳出血などの怖い病気が隠されていることや、大きな病気の前兆であることも少なくないため、注意する必要があります。風邪や疲労による頭痛、命にかかわらない良性の頭痛もありますが、鎮痛剤が効かない、痛みが頻発するなど、不安を感じたら一度は受診されることをおすすめします。
ありふれた症状のため見過ごしがちなのが頭痛ですが、油断せず対処することが重要です。

めまい

自分の体や周囲がぐるぐる回る、頭がふわふわする、体が宙に浮いたように感じる、これらは全てめまいの一種です。原因は大きく分けて以下のタイプがあり、それぞれめまいの種類が異なります。
「耳から生じるめまい」「脳から生じるめまい」「頸性めまい」「その他の要因(循環障害や内科的要因)から生じるめまい」
この中でも脳から生じるめまいは、脳卒中の初期症状として起こることや、脊髄小脳変性症、脳腫瘍の疑いもあるため特に注意が必要です。症状が出た際は放置することなく、まずはめまいの原因を突き止め、その上で適切な治療を行いましょう。

ぐるぐる回るめまい

体や周囲がぐるぐる回る回転性のめまいは、耳の中の三半規管の異常が原因です。
その症状は乗り物酔いに似ており、場合によっては耳鳴りが同時に起こることもあります。

吐き気を伴うめまい

吐き気を伴う、ふわふわするめまいの場合、脳幹や小脳の異常が考えられます。
ろれつがまわらない、立てないといった麻痺の症状や、動悸などの症状が同時に起こることもあります。

目の前が真っ暗になる 、立ちくらみがするめまい

血圧の変動により、脳に血がまわらないこと(虚血)が原因で起こるめまいです。
そのほか、ストレスや自律神経の乱れにより、このようなめまいを発症することもあります。

手足の痺れ

手足の痺れは、治療が必要なものとそうでないものがあります。
痺れの原因として考えられるのは、脳の病気、脊髄の病気、手足の末梢神経の病気の他、血流悪化や心理的要因によるものなど多岐にわたります。
手足に力が入らない、動かしにくいといった運動麻痺や、感覚が鈍くなる感覚低下、ジンジンする異常感覚など、痺れの感じ方も様々です。脳や脊髄、末梢神経に原因がある場合、脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、頚椎症、椎間板ヘルニア、脊髄炎、糖尿病など、重大な病気が隠れていることもありますので、注意する必要があります。

注意が必要な痺れ

手足の痺れの中でも、一過性虚血発作による痺れは特に注意が必要です。
これは、短時間で痺れが完全に消えてしまうことが特徴ですが、血管が詰まりかけているときに発症する脳梗塞の前触れです。痺れの症状が出ても数分から数時間で治まるため、安心してそのまま放置してしまうことがありますが、早急に脳神経外科を受診する必要があります。

顔面けいれん

意志とは関係なく、顔の片側の筋肉だけピクピクとけいれんすることがあります。
発症初期段階は、片目の瞼周辺が軽く動く程度ですが、やがて顔全体にけいれんが広がり、目が開けられない、顔が引きつるなどの症状が出てきます。進行するにつれて頻発するようになり、就寝中にまで及ぶこともあります。血管が顔面神経に触れることが原因で、そのため高血圧や高脂血症の方が発症しやすいとも言われております。両側の目がまばたきを繰り返す眼瞼けいれんや顔面神経麻痺後の異常共同運動は異なる原因によるもので、診察により判断することが出来ます。

治療方法

顔面けいれんは命にかかわる重大な病気ではありませんが、自分の意志とは関係なく顔面が動いてしまう、目が開けられない、顔が引きつるという症状のため、日常生活や対人関係、仕事上での不都合を感じることがあります。
その際には治療を検討することになりますが、当院ではボトックス治療を行っています。