0565-43-3688

愛知県豊田市浄水町伊保原173-1

院長ブログ

防草シートに砂利巻き

2017年6月19日
暑い日がつづきますね

汗っかきの私にとっては嫌な季節がやってきました。

そして、当院の悩みの種の、ハエ退治に加えまして、雑草とりの季節なんです。

いつもは当院のスタッフが毎朝がんばってむしってくれるのですが、なかなか追いつきません。

とりあえず、表道路に面した、雑草の目立った花壇だけでも、なんとかしないと、患者さんにみっともないでよね。


そして、つい先日おとなりの小児科さんが、とうとうこの花壇の雑草取りに耐えかねて、雑草のための砂利じきにでたのです。よく言えば石庭です。


かくして、半分から向こうはきれいな白い砂利、半分からこっちは、雑草だらけの土の花壇になったのでした。

もともと、玉龍って、芝みたいな草を生やしていたのですが、雑草が生えてくると、どれが雑草でない玉龍なのか、どれが雑草なのかわからなくなってくるのです。

当院もお隣にあわせて、砂利じき、いや石庭にしようかどうしようか迷いましたが、建築会社の人にきいたら、「あんなの男の人なら簡単にできちゃいますよ、職人よんでお金払ってやってもらうのなんてバカらしいですよ。玉龍もかんたんに引っこ抜けます」といわれ、その一言で、じゃあ、やってやろうじゃないかってことになりました。

お隣は女医さんですからね、仕方なかったんですよね。


さっそくインターネットの動画をみて研究したら、なるほど、なぁんだ簡単じゃん、て思いました。

草をきれいにとって、玉龍もすべてぬきとって、土ならして、そこに防草シートをひいて、上から砂利を巻く、何も難しそうではありませんでした。

が、しかし、やってみるとこれがた〜いへんだったのです。


まず、最近のいい天気で地面が固くて、そうかんたんに雑草は引き抜けません。しかも無数にあるんですから。
ましてや玉龍は根っこもしっかりしてるので、さらに引っこ抜けません。


そこでまず、家の倉庫に眠っていた、ハツリ器を持ち出し花壇を掘ることからはじめることにし、6月17日決行と計画しました。

最近はご存知のとおり日中暑いので、熱中症でぶっ倒れそうなんで、涼しい早朝6時に出勤し、スタッフが出勤する8時ころまでの2時間くらいで草むしりを終える計画をたてました。

クリニックから延長コードをつないでつないで長くして、用意万端準備して、ハツリを始めました。

1平米ほどやったところで、すぐ腰が痛くなりました・・休憩して草をむしり、ゴミ袋にすて、さらにハツリ、草むしり・・
しかも7時をすぎると早くも日差しが強くなってきて、汗がしたたりおちてきたのです。



全部で15平米くらいはあるのですが、初日は約二時間でその半分もむしることなく、嫌になってや〜めた、のでした。計画の半分もおわってませんでした。



日曜日をはさんで19日月曜日は、早朝4時に目が覚めました。気になっていたんでしょうね。
そして朝5時に出勤し、さっそく続きの作業開始。

少し勝手がわかってきたのか、はつり作業も草むしりも手馴れたもので、残り半分以上の草むしりを終えると、六時半ころでした。



次の作業は、防草シートしきです。


当初、幅が1mだと思って、1m幅の防草シートを購入してきたのですが、実はその幅が10cmくらいたりないことが判明したのです。なんせ、性格がアバウトなんで・・

面倒くさいから隙間ができてもいいか、っと頭をよぎったのですが、周囲のコンクリートと隙間ができると、そこからまた雑草が生えてくるのです。

雑草は油断もすきもなく、生えてくるものですから、インターネットによれば、コンクリートと防草シートの隙間を作ってはいけないのです。

どうしようかと考えていても、日がのぼって熱くなるばかり、診療時間がせまるばかりなので、防草シートを敷けるだけ敷いて、あとはつぎたしすることにしました。

シートをとめる杭を打って、のこったところはシートを切り貼りして、何とか8時までにシートを敷き終えました。



シート敷きが終わった頃には、朝8時になって診療時間が近づいてきたので、石まきはあきらめて夜にしました。かくして、二日目も予定通りにおわらなかったのです(^_^;)


暑い暑い午後の昼下がり、砂利を敷き詰めてみました。
しかし白い砂利は、10kg袋を40個、つまり400kg買っておいたのですが、なんと半分にもみたなかったのです。



翌、20日にさらに50袋、500kg買い足して、やっと完成しました。なんと砂利は合計900kgも撒いたのでした。



でも終わってみて、よくよくみると、黒い防草シートが一部みえています。それが素人と職人仕事の違いですが、ご愛嬌ということで許してください。

あとから、かかった費用を計算してみると、50,000円ほどでした。

業者にすべてお願いしたら、いくらだったんだろうか?

もし、業者に頼んだとしても、たいした費用でなければ、初めからやってもらえばよかったと後悔するだけですから、聞かないことにしました。


この苦労も、よい経験です。 これからもきっと役にたつことがあると思っています。

そして、自分で作った石庭っていいもんだなぁと、自己満足したのでした。