0565-43-3688

愛知県豊田市浄水町伊保原173-1

院長ブログ

ハイキンググッズ

2016年5月14日
これから休日の晴れた日には、ハイキングをする という目標を立てることにしました。

そう思ったのは、開業してから、ウォーキングの習慣ができ、歩くことが何となく楽しいと感じてきたので、ステップアップしてハイキングをしたいと思ったからです。
3月にブログにも書いたのですが、小牧山に登ったのが、きっかけでもあります。


でも、「ハイキング」であって、「山登り」とまではいかないんです。

と申しますのは、私は小さい頃から強度の高所恐怖症だから、なのです。
山登りが趣味なんていったら、昔の私を知っている人なら、「え?おまえが山登り?なぜ?」と驚くのではないかと思います。

思えば、大学の医局に入局した25才のころのことですが、医局には山登り旅行という、悪しき(?)行事がありました。

その年は、北アルプスの剱岳に登るっていうので、聞いただけで震え上がり、辞退を申し出たのですが、教授の意向で若手医師は全員強制的に参加させられたのです。

予想通りツルギというだけあって、険しい難所がいくつもありました。

鎖をつたって崖を横断したり、垂直に近いような斜面を岩登りしたり・・

今でも、思い出すだけで手に汗が出てきます。

途中までは、自分なりにがんばったのですが、最後の難所を前にして、これはきっと降りて帰ってこれない・・(^_^;)と思って降参し、山頂に立つことなく一足先に下山、という情けない結果におわったのです。

その後は、何かにつけて教授にそのことを話題にされ、「お前の弱点はしってるぞ!」と、ずーっと言われつづけました。

だから、高い険しい山は今でも無理だと思うので、初心者向けの、低いなだらかな山へ、ハイキングに行こうと思ってます。


そうは思っても、何かをやろうとすると、いつも三日坊主ならぬ三回坊主で終わってしまうのが常でしたので、今回はグッズから入ることにしました。

今週の水曜日の午後はお休みでしたので、名古屋市内のあるお店に、登山グッズを買いに行きました。

本によれば、まずはシューズから、と書いてあったので、くるぶしまで入る、ややハイカットのシューズを買い求めました。

私は度重なる痛風発作があって、両方の母趾が少し変形していて、まさに外反母趾状態なんです。

そのことを店員さんに話して、第一条件が幅広な靴。

軽くてぴったりな靴を探してもらい、一大決心をしてそのトレッキングシューズを買いました。

そして、一つかったら、他のグッズもほしくなり、汗が乾きやすいタイツや下着、ゴアテックス製のカッパ、厚手の靴下などなど、爆買いならぬ一気買いに走ったのです。

さらに、本屋さんに寄って、ハイキングの雑誌まで買ってしまいました!


さぁ、あとには引けません、と自分を追い込んだのです。(大げさな・・)

ということで、明日はまず手始めに、クリニック近くの猿投山に登ることにしました。

猿投山を選んだ理由は、近かったから、買った雑誌にファミリーむけ・初心者向けと書いてあったから、ただそれだけです。


では、明日遭難しないことを祈りつつ、行ってまいります。