0565-43-3688

愛知県豊田市浄水町伊保原173-1

院長ブログ

愛知環状鉄道のこと

2014年12月8日
先日の土曜日のこと。
朝7時51分高蔵寺駅発の、愛知環状鉄道に乗る予定でしたが、高蔵寺駅についたのがぎりぎりになってしまい、駅のホームに駆け上がったときは、扉がしまってしまいました。
ほとんど諦めて、遅刻を覚悟しましたが、車掌さんがじっとホームに立っていたので、ドアに手をかけて目で訴えかけたところ、ドアを開けてくれたんですよ。
おかげさまで乗車できて、遅刻せずにすみました。
これがJRだったら、車内放送で「ただいま駆け込み乗車がありました。お止めください!」と怒られてシュンとしてしまうところですが、愛知環状鉄道は全くお咎めなし。

のんびりした2両編成で、景色も紅葉がきれいだし、保見駅までの23分間は、とっても癒されます。
平日朝は、多くの通勤客で、さすがに座れませんが、土曜日はゆっくり座っていけました。

保見駅では、毎朝駅員のおじさんが、「おはようございます」と言って切符をうけとり、客としてはとってもすがすがしい気分にひたれます。
夜は無人駅となるので、乗車証明書を機械で出してのりますが、構内放送もなく、いきなり電車が入り込んでくるので、初めはとまどいます。

先日仕事が遅くなって23時31分発高蔵寺行きの最終電車になったのですが、向かい側の岡崎方面行きはなんと乗客一人!
なんともノスタルジック満載な電車です。

一つ気に入らないのは、運賃がJRに比べてやや高いことです。
でも、存続のためには仕方ないですね。きれいな景色もみられるし、その代償ですね。

今日も、駅員さんや車掌さん、がんばってください。

以上、「世界の車窓から」風に書いてみました。